【曲紹介】Ozzy Osbourne / So Tired

オジー・オズボーン / ソー・タイアード (1983)

1979年からソロ活動を開始したイングランド出身のシンガーソングライター。
1983年に発表された3枚目のアルバム[Bark at the Moon]の6曲目に収録されています。

Black Sabbathでの活動とソロキャリアで世界的な知名度を誇る、ヘヴィメタルの帝王です。

[Black Sabbath]での活動とソロキャリアで世界的な知名度を誇る、ヘヴィメタルの帝王です。
相棒であるRandy Rhoadsがギターヒーローとして一世を風靡し、順風満帆な活動をしていた矢先に不幸な事件が起こりました。
飛行機事故によって、Randy Rhoadsが25歳の若さでこの世を去ってしまいます。
絶望の淵に落とされたOzzyは、周囲の助けもあって再発したアルコールやドラッグの問題から無事に回復。
後任として日系人ギタリストのJake E. Leeを迎え入れ、よりキャッチーでストレートな作品を作り上げました。
その中から、ムード溢れるバラードがこちらです。

メタル界の帝王が、まさかのアメリカンなAOR風バラードをやってしまいました。
シンセを前面に出した映画の主題歌になりそうなぐらい甘い曲調です。
一歩間違えたら日本の昭和歌謡になりかねません。

Liveではほぼ披露されない隠れた名曲と言える1曲です。
ドラムを叩くのは本作から加入したツーバスの名手であるTommy Aldridge
イギリス人の前任のLee Kerslakeとはノリが全く異なるドラマーです。
非常にタイトでストレートなビートなので、アメリカンなヘヴィメタルにはこれ以上なくうってつけです。

が!!!!

バラードを叩かせると、リズムが正確過ぎて何故かしっくりこない!
そして、シンバルの音が耳につきます。

ここが凄く残念!
ドラマーには得手不得手があります。

逆に、他の曲をLee Kerslakeが叩いたとしたらアルバムの雰囲気とは全く合わなかったことでしょう。
Tommy Aldridgeは、ここでの活動を足掛かりにWhitesnakeには無くてはならない存在のドラマーとなります。

Ozzy Osbourneの他の楽曲紹介はこちら!

アルファベット別の記事一覧はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました